×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



敬愛するお題サイトBALDWIN様からお題を色々と拝借して好き勝手に書いていくページ。
短文散文乱文ご注意くださいませ。




:VEGUR01

べっぴんさん(100615)
 石畳の上を打ち付ける俺のブーツの底。ゆったりとしたリズムで雑踏に溶ける。
 ねえもうすぐ会えるよレディー!
 目の前の君の肩を引き寄せて、薔薇の花束を。「ハロー!運命を信じたいんだ!」あの日、君のプラチナブロントが太陽に透けたのがすべて。

にわかにゴースルー [ suddenly go through ](100615)
 突きつけられたワルサーの銃口を愛する。
「遺言は?」
「今のところ思い浮かばないわ」
 タイトな皮のパンツが動きを制限する。馬鹿らしい程キメたライダースーツも私の肩を押さえつける事に必死。それでも私は義務なので、肩をすくめて両手を上げる。ホールド! もう降参!
 あなたが微笑み私が舌出し。あかんべぇのベロをそのまま舐めてほしいのにあなたは緩やかにワルサーをひといじり。
「辞世の句は?」
「それも思い浮かばないわ」
 ところであの弾丸いれる場所の名前は何だっけ何だっけ。さっぱり思い出せないの。なぜだろう。あんなにも慣れ親しんだというのに。あなたがそれを弄るのをすぐ真横で見ていたというのに。あの弾丸いれる場所の名前は何だっけ、何だっけ。
 とりあえずあなたがそれに指をかけてぐるりと回して引き金に指をそわして、
「ところであの、磁界とか電流とかのあれ、なんだっけ」
「フレミング左手の法則?」
「That's right!」

しなびる

どしゃぶりだから、傘(1106120)
 降り注ぐ雨にやられたんだろう。
 嘘みたいな土砂降りの中でうなだれる君はさながら三流ドラマのヒロインのようだ。分かりやすい栗色の長い髪がいやに素直に水の流れに従っている。
「風邪、ひくよ」
 俺はそう言いながら君にこの黒い傘を差し出さない。ゲリラ豪雨だか何だか知らないが、雨は勢いをつけて傘をたたき、けたたましい音をたてている。そうだ、きっと直に当たれば痛い程に。
 君の肩が震えている。寒いのだろうか。それとも、泣いているのだろうか。
 限りなく暴力に近い雨は君の涙を優しくは無いけれど隠すだろう。こんなところもまるでドラマのようだ。君の肩が震えている。酷く細く頼りない肩が。君は雨と一体化してぐちゃぐちゃになっているけれど、俺はズボンのすそ以外は割と無事。俺だけは君ほど濡れちゃいない。
「ねえってば」
 俺は君にこの傘を差し出さない。黒くて大きな俺のエリア、俺の中。
 いつか。
 君からこっちに来てくれるのを待っている。そんな暴力のような寒さなんか全部捨て去って、この生ぬるい安穏に君が自ら来てくれるのを。
 そんなもの、まるで夢のような話だけど。

先だってまで恋人(100910)
 出来るならワンコールでとって欲しい。けれどその願いはもうおしまい。無慈悲に響くコール音を数える。ツーコール、スリーコール、フォーコール、ファイブ、シックス。
 ただいま、電話に出る事ができません? なら仕方ない。どうせ下らない話なんだ。
 携帯から耳を離して、ふっとため息をついた時、僕の手の中でヴヴヴと震えた。明るくなった画面には「新着メール 一件」の文字が。決定ボタンを連打で開けば、案の定君だった。
『ごめん、今電車なの』
 君が良く使っていた、にゃんこの絵文字が好きだった。それと何個も何個も枝分かれしてしまった長い長いメール。下らない話が驚く程楽しかったあの時。けれど今はそれを微塵も感じさせない、記号と文字の白黒の画面。
『大した話じゃないんだ。ごめんね』
 勢いでそこまで打ってしまう。そして次の言葉を考えた。君とのコール音を数えている間、もし次とったら言おう、いや次に言おう、いや次に、次に、って、先延ばしにしていた言葉。
『僕、まだ君が好きなんだ』
 打って一気にクリアを押した。全ての文章が消えた。一粒落ちた涙で、真っ白なはずの画面が玉虫色に歪つに光った。

実は何でもありません
センセー!


「あなたはおやつに入りますか?」(110123)
 極上の砂糖を口にして吐き出すみたいなあんまい台詞、「愛してる」だなんて真顔で言えちゃう男が日本にまだ居たのね、絶滅したかと思ってた。
 わたし明日ちょっと遠くへ旅立つんだけど絶対帰ってくるから、そんな世界が終わるみたいな顔で見ないでよ、ほらお気に入りのシャンパンあけてあげる注いであげる。
 抱きしめたあなたの香水、甘い。(遠足のおやつは五百円までって先生言ってた。だからわたしあなたの事持っていけないの。)




:VEGUR02
窓の下は五番街の雑踏
どんな顔して言ってんの
わたしの輝くアングルで


オー・マイ・リビドー(110612)
 世界で一番残酷な引力で君を愛している。馬鹿みたいに自意識過剰な寂しさと私の穴を埋めて欲しいだけの愛で君に触れられたいと思う。
 晩御飯はグラタンに決めた。小麦粉とバターを練りながら涙が出てきた。君が静かに思い浮かんで何も要らないからただ幸せになってほしいと思って、そしてあの時私の事を考えてくれればいいと思い、君にとっての私の存在の理由を問いかけ、頬に大粒の涙がぼろぼろと数粒つたって止まった。どうしたってこうしたって君だった。電子レンジが牛乳が温まったのを知らせる。
 ケチャップで炒めたペンネをうつわにもって、柔らかなホワイトソースをかける。激動を覚える、君を想う。オーブンにセットする、君に今私の事を考えていてほしい。オーブンが鳴るまでの間に片づけを行う。器に残ったホワイトソースが傾ければ少し垂れて揺れて、悲しかった。
 何一つ忘れないでいて、私の良いところだけを覚えていて欲しかった。戯れで触れた掌がかわいくなかった事を後悔する。君が何もかもがなぐり捨ててでも欲しいと思えるような女の子に生まれたかったです。荒れ放題の指先で自分の分厚い唇を撫でた。オーブンが無機質な電子音をたてる、私は君を愛する、たった一粒の涙の中に君への劣情が溶けた。

できそうもないな(100630)
「明日空を見上げればもしかしたら真っ赤になって落ちてくるかもしれないし、もし今アスファルトから視線を前に向ければ異世界につながっているかもしれなくて、そうね、あの雑木林の中央には魔法陣があるかもしれない、実は私勇者の血引いてるかもしれない、授業を受けていたらテロリストが現れて学年一可愛いエリコちゃんを人質にしようとするから私が代わりますって言って私が人質になってそしてその度胸の良さを認められてそのテロリスト集団に入る事になって整形して名前も変えて私死んだ事になってお葬式でパパとママが泣いているところを見た後イタリアでマフィアになるかもしれないわ、ねえ今、十一時五十九分、嘘でしょう?」
 ほんと世界ってろくでもねぇよ、指先が痛いぐらい力入っちゃうし、君のアバラはきっと軋んだ音を立てているだろうし、シャツが涙でよれて君の掌ヤバイぐらい握っちゃってぐちゃぐちゃんなってるしさぁ、ほんと、君を離す事なんて、出来そうもないな。

得心づくの別れなれど
トントン拍子
襦袢置いてけ





:CHOICE
バスタブ・ラヴソング(120121)
 ちゃぽん、湯船にたまったお湯が跳ねる。君がそろりと動いて波打つ水面。もうすぐ此処が閉じる。
「そろそろのぼせる」
「ぬるいね」
 近づいた君の吐息はもわりとした蒸気に消える。ちっともぬるくない。まだ体温よりは少し高い。
 僕の脚の間に君が入り込んで、顔の距離はもうゼロだ。君が水の音を立てて腕を出す。薄暗い浴室の中で君の腕に伝うお湯だけがきらりと光って溶けた。
 君が腕を伸ばす。その腕が首筋にまわる。僕は引き寄せられる。
「ひえるよ」
 冷えるもんか。抗議が口から出る前に言葉ごと飲み込まれた。そろりと君の腰へ手を回す。

きみが忘れてくれるといい
恋を嘲うのかね
『君になら殺されてもいい』
静かな日々の階段を
それすらわたしのひどい嘘


たぶんあれは恋だった(110308)
 この桜が咲いたらまたここで会いたい。
 そう言って別れたのはもう記憶の遠い彼方。樹木の成長は穏やかで、私にはあの時となんら変わっていないように見える。だがしかし月日が流れたのは事実だ。桜の老人は皺だらけの表面を何一つ崩すことなくどっしりとここに立っている。私の足元には散った花弁が。踏みつける私はこの樹と違って何か変わっただろうか。中身は見えないから分からない。少なくとも髪は伸びた。
 桜の下には死体が埋まっているんだよ。
 君は良く下らない言葉を吐いた。ありがちな迷信を穏やかに話した。この桜が咲いたらまたここで会いたい。そう言った君はもういない。宙ぶらりんの約束を私とこの老人だけが知っている。
 もしその迷信が真実ならば、この下に埋まっているのが君であればいい。桜の下には死体が埋まっているんだよ。聞こえるかい。この桜はもう幾度も花をつけては散らしているのだけど。

故にあなたを捨てられない

送ります(110308)
「ねえ歩ける?」
 歩けないよ私もう千鳥足だよ。けーたった。けーたったの顔がねぇ、すごく歪んで見える。
「歩けないの? ねえ大丈夫?」
 大丈夫じゃないよけーたった。けーたったって変な名前だね。私さっきシャンパン超あけちゃったんだけど誰もとめてくれなかった。けーたった案外お酒強いのね。やっぱ男の子だ。
 けーたった。わたし一昨日ふられたんだ。
「無理して飲んだんでしょ。あのね、お酒は何も解決にならんよ。分かる?」
 知るか知るかそんなもん、飲まんとやってられんのよ。それこそ分かる、だよ、ばーか。
 私達が飲むのは違法だって国が定めているんだけど、私後二十日ぐらいで二十歳になるんだけど、その二十日で何が変わるっていうんだ、今から二十日、いや正しくは十九日と二十三時間弱たったところで、何が、何が起こるっていうんだ。変わらないじゃないか。変わったのは一昨日、わたしは捨てられたってぇそれだけで、そうだ正直に言うなら。
「大体さあ、強くないんだからさあ」
「けーたった」
「お?」
「さみしい」
 涙が止まらないのけーたった。だからぎゅってしてけーたった。せっくすとかしたくない女は駄目なの? 男はヤんなきゃ生きてけないの? 少なくとも私の膣はただのひきこもりだからさぁ。
「馬鹿だね、よっちゃん」
 次は下半身で物考えない男捕まえなよ例えば俺みたいなってけーたったが言うから動かない口の中でわたしはヤだよだってけーたった若干オネエ入ってんじゃんって言おうとしてやめた。

『感傷的な窮地にあるこのばかばかしいふたり』
拗れて喚いて、それから?
Bis daβ der Tod euch scheidet. [ 死が汝等を別つまで. ]


本能の所為だってよ(110612)
 指に触れたからキスをした。(君の慣れないタバコは苦くて、火がついたようにしびれるよ。)